青物が釣れない夏の時期は、ライトショアジギング用タックルでキス釣りを楽しもう!

キスの天ぷら

ライトショアジギングを行っている方にとって、一年の中で一番退屈になってくるのが、夏の時期だと言えます。それは何故かと言いますと、夏の時期になると青物は沖合に出て行ってしまう為、ショアから青物を釣ることが極端に難しくなるからです。

では、夏は釣りできないの~!と言われるとそういうわけではありません。夏と言えば、やっぱりキス釣りの時期です。

実は、この時期のキス釣りはライトショアジギングのタックルを持っている人にとっては、この上ない絶好の釣りの時期と言えるのです。

そこでこの記事では、

本日の極みポイント!
ライトショアジギング夏の息抜き!キス釣りのやり方

について記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

キスってどんな魚?いつ釣れるの?

キスとは、天ぷらにするとすごくおいしい白身の魚で、ショアから一番釣れる旬の時期としては6月~8月上旬までが時期と言えます。

何故かというと、この時期になると、産卵のためにサーフに寄ってくるため、比較的簡単に釣りを行うことが出来るからです。キスは日本全国津々浦々の場所で釣ることができ、サビキ釣りと同じくらい若者~お年寄りまで定着している釣りです。

この時期のキスはサイズも大きく、15㎝前後の中型~30㎝近くの尺サイズを釣ることができます。数も豊富で、サーフ一帯を1日歩き回って釣りを行えば、余裕で十数匹以上を釣ることが可能です。

何故、ライトショアジギング用のタックルがキス釣りに向いているの?

天秤仕掛け

では何故、ライトショアジギング用のタックルがキス釣りに向いているのか?と言いますと、それは【ショアジギング用タックルであれば、かなりの飛距離を飛ばすことが出来るから】です。

ライトショアジギングで青物狙いをしている方にとっては、それなりに飛距離を意識しているタックルを持っているはずです。実は、キス釣りにとっては、この【飛距離】こそが一番釣果に大切な要素なのです。

キス釣りは飛距離で勝負

夏の時期のキスはサーフ一帯に寄ってくるため、普通の時期よりは釣りやすい傾向にありますが、それでもある程度の飛距離を稼げないと、数釣りを行うのは非常に大変です。であれば、100M以上の飛距離を飛ばすことができるライトショアジギング用のタックルは、またとない装備と言えます。

この時期のサーフからのキス釣りであれば、大体50Mぐらいの飛距離からぽつぽつあたりが出てきます。と言っても、海の潮や天候などもろもろの影響もうけるので、安定的に釣りたいのであれば、100Mぐらいの飛距離はほしいものです。

メタルジグの代わりに天秤をセット

ライトショアジギングで100M以上の飛距離を出すのであれば、30~40gぐらいのメタルジグでフルキャスト~~すると大体そのぐらいの距離は飛ぶはずです。

キス釣りは、このメタルジグの代わりに天秤といったキス釣り専用の仕掛けをセットします。

キス釣りの天秤はいろいろありますが、私がライトショアジギング用タックルで使っている天秤は下のライトショットです。

ライトショットのサイズとしては、7号~11号のサイズをチョイスするといいと思います。1号あたりで大体3.75gとなるので、8号あたりで30gとなり、11号で41.25gになります。ライトショアジギングで使用するメタルジグの重さが30g~40gなので、それと同等の重さであれば、このサイズの天秤となります。

ライトショアジギング用タックルでのキス釣り仕掛けのつくり方

釣りガール キス釣り

ライトショアジギング用のタックルでキス釣りの仕掛けのつくり方としては、上で説明した天秤と、キス釣り専用の仕掛けが必要です。

キス釣り専用の仕掛けとエサ

キス釣りを行う為にはキス釣り専用の仕掛けが必要です。下の商品がキス釣り専用の商品です。

それとエサとなるイソメです。イソメは生エサなので近くの釣具屋で釣りに行く当日にでも購入するのをオススメします。詳しくはネットででも調べると分かりますが、くねくねといったミミズのような生き物なので、直接触るのに気が引ける人も多いかもしれません。

ちなみに私の場合は・・・生イソメがあまり好きじゃないので、疑似餌となるパワーイソメを使っています。パワーイソメはマルキューで出しているイソメに偽てつくってある疑似餌です。

ルアー釣りを行う人であれば、ワームなどの疑似餌を使ったことがある人もいるはずです。パワーイソメは簡単に言えば、このワームと同じ疑似餌と言えます。

キス釣り仕掛けのつくり方

キス釣りの仕掛けのつくり方としては、PEラインを直接天秤に付け、天秤にキス釣り専用の針を付けます。後は、針の部分にイソメをつけて完了です。

イソメについては、1匹のままつけるのではなく、3分の1ぐらいにカットして針につけるとベストです。

1匹のままだと大きすぎるので、キスがちょっと食いにくいので、キスの口のサイズに合わせてカットします。

使用する針の仕掛けとしては、3本、5本、7本のタイプがありますが、個人的には、飛距離の事を考えると3本針あたりをチョイスするとベストだと思います。

私のライトショアジギングタックルでのキス釣り釣果

キスいろいろ

私がライトショアジギング用で使っているタックルとしては、10.06ftのMHの硬さロッドと1号8ブレードのPEラインを使用しています。

私が使用しているタックルは青物狙いに特化した飛距離重視のタックルです。詳細については、以前の記事、ライトショアジギングで100ⅿ以上の飛距離を出す具体的な方法 の記事で紹介していますので、参考にしてください。

このタックルに上で紹介した天秤と仕掛けとパワーイソメを持って行って、キス狙いをしています。

私の地域は春の青物が6月くらいまで狙うことができるので、朝マズメは青物狙いをして、マズメが時間が終了したら、キス釣りやサビキ釣りをしたりしています。

この時期のキスは油も乗っていて、天ぷらにして食べるとかなり美味な魚です。調子がいいと、青物とキス、たまにカレイなんかがかかる時もありますので、キス釣り用の仕掛けも一応持って行って、海の具合と相談しながら、いろんな角度で釣りを楽しんでいます。

秋シーズンであれば、青物1本でがっつり攻めの釣りに行きますが、この暑い時期になってくると、青物の釣果もまばらになってきますので、キス釣りやサビキ釣りを一緒に楽しみながら海に出かけていく感じです。

キス釣りの仕掛け1つもっておくだけで、いろんな釣りを楽しむことが出来るので、ライトショアジギング用のタックルを持っている方は、是非ボウズ逃れの1つとしてキス釣りを楽しんで頂くのをオススメします。

意外とキス釣りの方が連れ出すと青物とは違った形で病みつきになるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み