サビキ釣り(遠投)のタックルと仕掛けのつくり方

初心者向けで、手軽に海釣りが楽しめるサビキ釣りに必要な、タックルや仕掛けのつくり方について説明していきます。

※ちなみにタックルとはネットで調べると

ロッドやリール、仕掛けなどの魚を釣る釣り道具の全般のこと

となっています。余談ですが、タックルといった言葉はルアー釣りを行う人がよく使う言葉で、普通に言えば【仕掛け】といったほうが初心者にはなじみがある言葉かもしれません。

スポンサーリンク

落とし込みサビキ釣り

では、落とし込みサビキ釣りで用意するものについて説明していきます。

まず基本的な仕掛けを作るために必要になってくるものは

  • 竿(ロッド)
  • リール
  • サルカン
  • 重り
  • まき餌かご
  • まきエサ
  • サビキ

の以上の7つを最低用意する必要があります。

竿(ロッド)とリール

まずは釣りをするのであれば、竿とリールがないと意味がありません。いろんな竿とリールが売っていますが、初心者であれば、まずはセット売りのものを購入するのがベストです。

落とし込みサビキ釣りをするために用意する竿については・・・正直なんでもいいです。

竿の種類については、主に磯竿タイプとロッドタイプの2種類があります。

  • 磯竿タイプ・・・通常は1mぐらいの長さだが、竿が伸びて最終的には3m~7mぐらいの長さになる竿、主にサビキ釣りやタイ釣りなどで使用され丈夫だが、長さが長くなると重いのが欠点。
  • ロッドタイプ・・・ロッドタイプの竿とは簡単に言うと2つに分かれているのをくっ付けて使う竿の事。主にルアー釣りの人が使うタイプ、カーボンでできているものが多く軽いのが一番の売り

それぞれの竿の特徴としては、こんな感じとなっており、ここで説明しているサビキ釣りに関しては、伸び縮みするタイプの磯竿がおすすめです。磯竿に関しては、初心者セットであれば2000円ぐらいで買えますし、最初遊びで使う分にはこのくらいがベストです。

サルカン、重り、まきエサかご、サビキ

竿とリールの準備ができたら、サルカンと重りとコマセかご、まきエサ、サビキが必要になります。それぞれ簡潔に説明すると、

  • サルカン・・・クリップのようなもの、重りやサビキをつける金具の事
  • 重り・・・サビキを海に沈めてやるために必要な重り、普通に使用する重りとしては5号をベースに使い分けるとベスト
  • コマセかご・・・コマセかごについては、まきエサをいれるかごのことを言います。コマセかごについてはタイプがあり、ロケットタイプ、かごタイプ、袋タイプと用途によって使い分けます。
  • まきエサ・・・文字通り使用するエサの事を言います。オキアミ、コアミ、コマセなどと呼ばれ、小さなエビを使います。一般的には冷凍のブロックアミなどが広く使われています。
  • サビキ・・・サビキについては針がついている仕掛けの事を言います。一般的にはお店で売っているものを使います。

落とし込みサビキ仕掛けの作り方

上で説明したモノが準備できたら、今度は仕掛けを作っていきます。全てをつなげていくと下の画像のようになります。

手順を簡潔に説明すると、

  1. リール糸にサルカンをつける
  2. サルカンにコマセかごをつける
  3. コマセかごの下にサビキをつける
  4. サビキの下に重りをつける

となります。足元への落とし込みサビキで使うサルカンとサビキと重りのサイズについては、

  • サルカン・・・6号~8号
  • サビキ・・・・4号~8号
  • 重り・・・・・3号~5号

でだいたいまかなえます。

適正サルカンのサイズ

サルカンについては、予めサビキセットなどについていますので、購入をする必要はないかもしれませんが、20個くらい入って300円ぐらいで買えますので、一応、持っておくのをオススメします。

適正サビキのサイズ

サビキについては、釣れる魚のサイズによりますが、4号~8号で十分だと思います。落とし込みサビキで釣れるサイズは、10㎝ぐらいの小アジ~20㎝ぐらいの中アジ、イワシなどとなりますので、小アジであれば4号、中アジであれば8号ぐらいで十分です。

適正重りのサイズ

重りについては、3号~5号が適正です。重りの使い分けについては、波の流れによって使い分けます。波があまりたっていなければ3号で十分ですが、波の流れがあると重りが流されてしますので、5号を使用してもいいです。と言っても、さほど大きな違いはありませんので、3号~5号を一式もっていれば問題ありません。値段も1つ50円~100円ぐらいで買えます。

遠投サビキ釣り

遠投サビキで用意するものについては、落とし込みサビキで用意した7つのものに2つを追加するだけです。それは

  • 浮き
  • 浮き止め

この2つを部材を追加すればこれで遠投用仕掛けを作ることができます。しかし、遠投サビキを行うのであれば、これらの部材の前に竿をチョイスしなおす必要があります。

遠投サビキ用の竿

最初にサビキ釣りのために竿を用意しようとした場合、初心者向けのセットでも十分ですが、遠投サビキ等もやりたいと思うのであれば、最初から少し固めの長い遠投竿を用意する必要があります

初心者向けで売っている3000円~4000円ぐらいの磯竿セットだと、竿先がしなりやすくなっているため、遠投用の竿という点ではちょっと役不足な点があります。

そこで、遠投サビキも兼用で最初から考えているのであれば、竿先が固めの磯竿を買うのをオススメします。初心者セットで言えば、キス釣りセットなんかがそれにあたります。

キス釣りは、基本的に遠投を行って釣るのが基本なので、セットの竿も固めの竿が用意されています。竿の内容がよくわからず、どういった竿がいいのかわからないのであれば、最初からキス釣り用の竿セットを購入するのもいいかもしれません。

遠投用サビキ仕掛けの作り方

遠投用サビキの仕掛けのつくり方は下の画像のようになります。

仕掛けのつくり方については、落とし込みサビキのつくり方の

【1、リール糸にサルカンをつける】の前に浮き止めを入れ込みます。浮き止めを入れ込んだら、その後に浮きをセットします。使用する重りやサビキのサイズについては、

  • サビキ・・・最低7号以上
  • 浮き・・・・8号~10号
  • 重り・・・・8号~10号
  • 浮き止め・・浮き止めゴムor糸

適正遠投サビキのサイズ

サビキのサイズについては最低7号以上の大きさを準備するのが理想です。遠投サビキについては必然的に大物がメインになってきます。そうすればその分針の大きさが重要になってきます。尺級以上のサイズをカバーするのであれば、最低10号以上のサビキを使用するのが理想です。

適正遠投重りと浮きのサイズ

重りと浮きのサイズについては、基本的に同じ号で使用します。浮きが7号であれば、重りも7号が適正です。しかし、現在ではいろんな浮きのサイズが出回っています。一般的な遠投用の浮きセットを購入するとだいたい8号ぐらいの浮きが多いので、重りも7号や8号で十分です。

それ以上に重りは遠投時の距離にも影響します。一般的に言えば、重りが重りほど飛距離は遠くに飛びますので。8号~10号ぐらいで自分の投げ方に合う重りの重さをチョイスするのがベストです。

浮き止めについて

浮き止めは遠投で仕掛けを投げた後に、浮きが固定される位置をセットするために使用します。浮き止めは浮き止め糸や浮き止めゴミがありますが、私は浮き止めゴムをオススメします。浮き止め糸は取れてきたりぐちゃぐちゃになって面倒なので、ゴムが一番いいです。

遠投用サビキは棚を意識する

遠投サビキを行う時に重要なのが棚(深さ)を見極めることです。詳しい判断方法については、この記事では書きませんが、簡単に言えば、釣れる深さにセットすることです。

遠投サビキは浮きの浮力で深さを調整します。その際に浮きがどの位置で固定するかをセットするのが浮き止めゴムです。サビキの位置からどのくらいの長さのところで浮き固定をするかをセットします。

サビキ釣り仕掛けまとめ

サビキ釣りは、初心者から上級者向けの釣り方法として広く定着しています。釣りを始める人は大抵サビキ釣りから始める人が多いです。知り合いの釣り好きの人から一緒に連れて行ってもらって、サビキ釣りを行ったとかといったパターンです。

私も最初は、サビキ釣りから始めました。最初は落とし込みのサビキで釣れるだけでもすごく満足していたものです。その後、大きなサイズがほしくなり遠投サビキを始めました。遠投サビキのタックルを用意しておくとキス釣りもできるので、重宝します。

釣れる魚種や大きさで言えば

  • 落とし込みサビキ・・・10㎝~20㎝のアジ、イワシ、サバ、カマスなど
  • 遠投サビキ・・・・・・20㎝~30㎝以上のアジ、サバ、カマス、サバ稀にタイ、イナダなど

小物は落とし込みサビキ、大物は遠投サビキと覚えておくといいです。

サビキ釣りは非常に簡単なので、初心者向けなのですが、一応デメリットを上げるとすれば、生餌を使うため、手が臭くなることです。今では、生餌に触れないでかごにエサをセットするアイテムや方法などがありますが、やはり手で触ってしまう可能性があります。

手で触ると生餌なので、手にこびりつくとなかなか匂いが取れなくなる時があります。そういったときは石鹸でぎっぎと洗うしかありません(笑)

そもそも手が臭くなるのが嫌なようなら、釣りなどできないと思いますが・・・(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み