サビキ釣りで爆釣になる為に知っておきたい10のコツ

サビキ釣り画像

突然ですが、サビキ釣りで爆釣状態になったことはありますか?釣っても釣っても飽きるぐらいサビキに魚が掛かってきて、楽しくて仕方なくなることがサビキ釣りにはあります。

ある意味、釣りの中でも一番爆釣状態になりやすい釣り方がサビキ釣りです。しかし、いくら釣りやすいと言っても爆釣になる為には少なからず知っておきたいコツがあります。

そこでこの記事では、

本日の極みポイント!
サビキ釣りで爆釣になる為にしっておきたい10のコツ

について紹介していきます。

スポンサーリンク

釣り場はどこがいいのか?

サビキ釣りを行う一番適した場所は、湾内や漁港内です。特に堤防がある場所が一番です。サビキ釣りは、遠投だろうが足元だろうが、湾内であればそれほど釣果に違いはでません。遠投をすれば、大きなサイズがかかりやすいといった事ぐらいで、ポイント選びが重要になります。

理想としては、深さがそれなりにあるポイントがいいです。大きな湾がある所であれば、湾内ではコンテナ船などが通る為、かなり深い設定になっているので、様々な魚種が住み着いています。魚種が多ければ、釣れる種類も多くなりますので、出来るだけ深い場所のほうがベストです。

一番釣れる時期は?

魚が一番釣れる時期は春と秋です。サビキ釣りも例外なく、春と秋が一番のシーズンになります。サビキ釣りで一番かかる代名詞と言えるアジは、この春と秋のシーズンであれば、30㎝以上の尺アジを狙うことができます。

なぜ、春と秋が一番いいのかと言いますと、この時期が魚に取って一番活動的になる時期だからです。この時期は、魚にとって産卵の時期と重なり活動が活発的になります。又、水温も最も適した海水温になるので、活性が上がる時期になります。

一番釣れる時間帯は?

サビキ釣りは、夜でも昼でも釣れるのが一つの売りですが、一番釣れる時間帯は決まっています。それは、全ての魚に言えることがですが、マズメと言われる時間帯です。朝マズメ、夕マズメと言い、朝マズメであれば日が上がる時間帯、夕マズメであれば日が沈む時間帯です。

この時間帯は、魚のとって朝ごはんと夕ご飯の時間なので、活性が良くなるのです。狙うのであれば、この時間帯が最も1日の中で釣れる時間帯になります。

※サビキ釣りの詳しい時期と時間帯については、以前書いたサビキ釣りで魚がよく釣れる時期、時間帯の記事を参考にしてください。

潮は関係あるの?

釣りをしていれば、一度は気にしたことがあるはずだと思いますが、潮も関係があります。釣りに適している潮は大潮が一般的です。大潮の時は一番魚の活性が上がる時と言われており、サビキ釣りを行う上でも大潮が一番適しています。

大潮以外でも、中潮当たりもオススメです。潮だけでなく、天候も関係があるので、中潮~大潮の時期で選ぶといいです。

魚が引いたら少し我慢

魚がサビキにかかったと思った瞬間にすぐにリールを巻いて引き上げようとしていませんか?サビキ釣りではこれは間違いです。サビキは針が6本付いているため、1回で多くの魚を釣ることが出来るのがウリです。

そこで実施してほしいのが、1匹かかったようだったら少しの間そのままにしておくことです。かかった魚が暴れることで、さらにエサとなるオキアミが放出されるので、さらに魚が寄ってきて、別の針に食いつく可能性が出てきます。

一度で多くの魚を掛けることができるようになりますので、釣れたからすぐに上げるのではなく、ちょっと我慢することをオススメします。

爆釣時間はスピードが勝負

これは特にマズメの時間帯に言えることがですが、回遊魚と言われているアジやイワシなどは、一旦釣れ始めると連続的に連れ出します。そこで重要なのがスピードです。目の前に魚がいっぱい状態になるので、釣った魚はさっさと外してすぐに仕掛けを海に入れるべきです。

こういった状態になった時は、出来るだけエサの放出を押さえたほうがいいです。ロケットタイプのエサ入れを使っている人でしたら、少し隙間を絞って放出量を少なくします。そうすることで、エサ入れの時間を少しでも短くすることです。

勝負の時間帯は、2時間ぐらいなので、いっぱい釣りたいのであれば少しでも処理のかかる時間を短くしましょう!

針は素手で魚を掴んで外す

これは6番の内容と重複する点ですが、良く見受けられるのが魚の針外しに時間がかかっている人です。魚が触りたくないのか、トングや何かで挟んで針外しをしようとしている人がいます。

これが間違いだとは言いませんが、爆釣になる時合は決まっていますので、そんなにちんたらしていたら魚はいなくなります。出来れば的確にスピーディに針を外すためにも素手で魚を掴んで外すのが一番です。

サビキは使い捨てで使用する

一度使ったサビキを勿体ぶって次回に持ち越して使っていませんか?これは金銭的には当たりですが、釣り的には間違いです。

一度使ったサビキの仕掛けは、ハリスが寄れてしまったり、針部分が錆びてしまう為、魚の食いつきが悪くなります。

魚もバカではありませんので、古いものよりも新しいサビキへの反応のほうがいいです。別に600円とか700円もするサビキの仕掛けでなくてもいいのです。百均で売っている2個入りのサビキでも問題ありません。とにかく、一度使ったサビキは、2回目以降は圧倒的にあたりが悪くなると覚えておいてください。

棚は底から攻める

これは釣り方についてですが、サビキは最初一番底まで落としてやります。底に付いたら、糸ふけ分を数回転分巻き取り、そこで大きくシャクリます。

そこですぐに反応があるようであれば、そこで釣れる魚がいることになります。底部分での反応が薄いのであれば、1ⅿ感覚でラインを巻き取りまたシャクって反応をみます。

こうやって底の部分から1ⅿ感覚で魚のいそうな棚(深さ)を調べていき、一番反応があったポイントを攻めればOKです。

周りの状況をしっかり確認

最後に、これは釣り全般に言えることですが、【釣り場の状況をしっかり確認すること】です。自分の選んだポイントに絶対的な自信がある方は問題ありませんが、初めて行くポイントや場所であれば、どの辺でつれているのかしっかり確認すべきです。

例えば、堤防と一言で言ってもかなりの長さがあるはずです。その堤防の中でも沖よりなのか、湾内よりなのか、真ん中なのかなどなど、こればかりは地域の特徴がでてきますので、簡単にここが良い!とは言えません。

周りの釣り人の状況を確認して情報を整理しましょう!せっかく自分がチョイスしたポイントでも外れの可能性もあると釣れない場合もあります。

サビキ釣りのコツまとめ

アジ祭り

いかがでしたでしょうか?サビキ釣りと言っても、しっかりコツを押さえていけば爆釣になりクーラーボックス満タンに魚を釣ってくることも十分可能です。

この記事のタイトルで10のコツと言っていますが、最低でも、時期、時間、場所、とこの3つのコツぐらいは押さえておいてほしいです

釣り人の会話で

『どうだ?今日は釣れそうか?』

『いや~今日もだめだな~!この前〇〇さんはいっぱい釣ってきたのに、なんで俺はつれないのかね~』

といった会話がたまに見受けられますが、これは釣れない時期に、釣れない時間帯に、釣れない場所に行っているからです。釣りも情報が命です。しっかり釣れる情報を整理して海に繰り出せば誰でも釣れるのがサビキ釣りの一番の魅力です。

サビキ釣りのコツをしっかり覚えておけば、いつかあなたにも爆釣状態が必ず訪れるはずです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み