サラリーマンのオススメ趣味!週末は釣りでストレス解消

サラリーマン ストレス

働く男にとって、会社で貯まったフラストレーションやストレスを解消することは絶対の必要事項です。月~金まで働いて、土曜日は家族サービス・・・せめて日曜日ぐらいは自分の時間がほしいよ~って思っていませんか?

1週間の中でどれだけ自分の時間があるでしょうか?自分の時間が取れたとしても、ゴロゴロとテレビを見ながら1日を終えていませんか?それで、さらにストレスが溜まってしまいませんか?

少なくても私の場合は、逆にストレスが溜まっていました。せめて休みの日ぐらいゴロゴロしていようかな~と思っていても、子供や嫁さんがそうはさせてくれません!

そんな方はどこか遠くにストレス解消に行けばいいのです。それはどこかと言えば、

本日の極みポイント!
働くサラリーマンは、大自然パワースポット海に行ってストレスを解消し、男を磨け!

海こそ、男の貯まったストレスを解消してくれる最高のパワースポット!大いなる大自然なのです。

スポンサーリンク

釣りを始めてみよう

私は30代で中小企業の管理職の仕事をやっています。やっている仕事としては、お客さんとの打ち合わせ、上司との打ち合わせ、現場作業者との打ち合わせ・・・ま~とにかく人と絡む仕事が多いです。

力仕事でもありませんし、パソコンに向かってひたすらキーボードをたたき、画面と睨めっこしている仕事です。その為、ストレスは半端ないです。体を動かしているわけでは無いので、体力もありませんし、週末には疲れ果てて家でゴロゴロしているか、妻からあ~だこ~だ言われるとパチンコ屋に逃げていく・・・といったサラリーマンの典型的な流れのライフスタイルでした。

しかし、私の場合は、釣りに出会うことでそのライフスタイルが大きく変わることができました。

※私と釣りの出会いについては、管理人が海釣りをはじめたわけの記事で詳しく書いていますので、興味がある方は読んでみてください。

釣りは燃える瞬間がある

私は20代のころからパチスロバカでしたので、勝っても負けてもパチンコ屋に入りびたりでした。パチスロって大きく儲けた(勝った)ときはすごく気分がよくなり楽しいのですが、毎回そういったわけでは無いので、逆にストレスがたまることもしばしばありました。

そんな中で出会った釣りは、ある意味パチスロと一緒でした。では何故、パチンコと一緒だと言えるのかというと、これは私の意見なので、賛否両論があるかと思いますが、

  • パチスロ→台やホールに対する知識を総動員して、設定看破や期待値計算を行い、理論上打っても勝てる台を選んで打つ=頭を使って勝負をするということ
  • 釣り→その時期、どのポイントでどういった魚がつれるかといった知識を総動員して、朝から海にダッシュ、一番のポイントを選び、1日勝負をかける=頭を使って勝負をするということ

すごくザックリですが、とにかくパチスロと釣りに共通して言えることが【頭を使って勝負をすること】でした。

釣りは、頭を使って自分が狙ったポイントで狙ったサイズの狙った魚が釣れたら、最高に楽しいものでした。私の場合は、初めて青物を釣った時なんかは、パチスロで3000枚ぐらい出した時のような気分でした。

私個人の中ではそれだけ、釣りが自分の性格とマッチしたため、釣りにのめりこむのも早かったです。

釣りは体力づくり

その後、私は毎週釣りに出かけるようになったのですが、毎週サーフや堤防を歩き回ったりしていたため、かなり体力をつけることができました。デスクワークをしている人って、なかなか体を動かす機会って少ないな~って感じませんか?

体力をつける為にジム通いをしている人もたまに見かけますが、自分が本心でやりたいと思ったものでなければ、続けることって結構難しいものです。

自分が楽しいと思うことは違います。夢中になりますので、面倒だと思いませんし、自然な形で実行することができます。

それを裏付けるデータではないですが、これは私の3か月間のダイエット効果です。

体重推移

97㎝ぐらいあった腹回りは85㎝ぐらいまで落ち、体重も80㎏→74㎏ぐらいまで絞ることができました。これだけ劇的に変化したのは、それだけ今までだらだら生活したいのが一番の要因ですが、3か月足らずでここまで変化することが出来たのは、やっぱり釣りのおかげかな?と自分でもかなりびっくりしました。

健康診断も良好

これだけ痩せて、腹回りも減ったので、もちろん健康診断の結果も良好でした。特に中性脂肪がかなり減り、以前までは250~300ぐらいの数値だったのが、今年の健康診断では140ぐらいまで落とすことができました。

メタボの方はよく【運動をしましょう】と言われますが、運動なんて、よほどのことがないかぎりすることなんてなかなかありません。朝散歩やランニングなんてしたくありませんでしたし、したからどうなるの?って感じでした。それだけやる気がなかったということです。

釣りは全くの別です。やる気がありますので、サーフを1日かけて歩き回っても苦になりませんでしたし、それでも釣れないと悔しくてさらに次の週も行っていたぐらいです。

運動がどうこうといったわけではありませんが、それだけ夢中で動き回っていたので勝手に体が良好になったという結果です。

風邪もひかなくなった?

これはプラスアルファかもしれませんが、風邪も全くひかなくなりました。それはそうですよね!11月の寒い時期でも朝から海に出かけて釣りを1日やっているわけですから、少しのことぐらいでは風邪なんかひかなくなります。

それに海にいると、自然の中にいるので、そのへんのパワースポットにいく事なんかよりかなり癒されます。考えてみてください。海ですよ!地球の中で一番の大自然であり、最強のパワースポットじゃ~ありませんか?これだけのパワースポットなんて他にありませんよ!

ストレス?そんなものどうでもいい事

ストレス無し

釣りをするようになってからは、少しの事ではストレスを感じなくなりました。以前までですと、どうしても仕事上人とかかわることが多いので、自分と気が合わない人と仕事をしたときや、何かしらのトラブルを抱えているときは、ストレスを感じやすくなっていました。

しかし、釣りをしてからは週末に釣りと行く楽しみがあるとわかっていたので、仕事を金曜日まで何として終えて、土日は海に行きたくなっていました。その為、ちょっとしたことではへこたれなくなりまして(精神面が丈夫になりました)ちゃっちゃっと仕事を終えたくて仕方ありませんでした。

土日=釣りといったライフワークバランスが自分の中でのキーポイントになっていたので、【わざわざ休みの日なんかだらだら仕事なんてしてらんねよ~】と思って、てきぱきと仕事をこなすことができるようになっていました。

ストレスなんて感じて凹んでいる暇なんかなかった、といったほうが的確もしれません!とにかく海に行きたくて仕方ない気持ちになっていたので、心は常に魚を求めていたようなものです。

サラリーマンにとってストレスは死活問題です。ストレス解消をしないと仕事なんてやってられません。でもストレスなんか感じなくていいのです。

最近思うようになったことですが、それは【ストレスを感じるということは自分の中で満たされない何かがあるからなんだ】と思うようになりました。自分には何もないとか、自分は必要とされていないんだ~なんてネガティブなことを考えて仕事をしているようではストレスしかたまりません。

仕事はしょせん仕事でしかないのです。そんなことでわざわざストレスを感じることなんかありません。私の場合は釣りでしたが、自分が夢中になれる何かを見つけることが出来れば、ストレスを感じている暇なんかいらなくなりますから。というかストレスなんか馬鹿野郎だ!と思うようになりますから。

私の場合はそれが釣りでしたが、この記事をよんだあなたにとって一番の何かは何ですか?私の場合は釣りだったので、ぜひ釣りをオススメしたいです。

必ず何かしらの変化があなたにもあるはずです。

※釣りに興味がある方は是非、攻めの釣りと言われるライトショアジギングから初めてはいかがでしょうか?ライトショアジギングの詳しい内容や魅力については、ライトショアジギングでルアーを極めろの記事から一読して頂ければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み