ヒラメ釣りに特化したオススメルアーとルアーアクション

ヒラメヒット

先週、会社の後輩から、ライトショアジギングでヒラメ釣りを行う場合、一番オススメのルアーとルアーアクションってどういった方法があるんですか?と聞かれました。

私はその場で後輩にしっかりとしたアドバイスをすることができず、家に帰って、ブログを更新している時に、あ~そういえば、こういった方法があったな~とか、やっぱりこういった考え方が一番重要だな~と思って作業をしていました。

そこで後輩へのアドバイスも込めて、この記事では、

本日の極みポイント!
ヒラメ釣りを行うことに特化したオススメルアーと、ルアーアクション時の重要ポイント

について紹介していき鯛と思います。

スポンサーリンク

ヒラメ釣りに適したオススメルアー

ヒラメ釣りを行う上で、一番重要なことは底のレンジを取ることです。ヒラメは青物やシーバスと違い底にいる生き物です。砂地に隠れて、底側からベイトに食いつきます。

ヒラメ釣りで使用するルアーとしては、定番のメタルジグが考えられますが、底を取るアクションも考慮すると、底を取るということはそれだけ根がかりがおきやすいということが言えます。そこでヒラメ釣りでは、ヒラメ釣り用のメタルジグを用意したほうが無難です。

ヒラメ釣りに適したメタルジグ

ヒラメ釣りでメタルジグを使用する場合は、使用用途を2つに分けて準備してほしいです。それは、

  • 根がかりなどで紛失してもいい使い捨てルアー
  • しっかりとアピール力を発揮できるルアー

です。詳しく内容を整理して説明すると、

根がかりなどで紛失してもいい使い捨てルアー

これは簡単に言えば、釣り場の状態を把握するために使用するといったイメージです。ヒラメ釣りの定番であるサーフで攻める場合、広いサーフはどこがどのようになっているか検討もつきません。

海の中の地形も住み着いている魚も検討がつかない状態で、いきなり良いルアーを使用するのはもったいないです。そこで、使用するのがこの使い捨てルアーです。

使い捨てで使用するのですから、底を取って、実際どのくらいの深さがあるのか、もしくは、どのへんから深くなっているのかなど、キチンとルアーを底まで着水させて釣り場の地形を把握する為に使用します。

使い捨てルアーは【釣り場の状態を把握するためのルアー】として活用しますが、もしかしたら、そのままヒラメがかかる可能性もあります。

使用するルアーとしては、百均(ダイソー)で売っているメタルジグで十分です。使い捨て感覚で使用するわけですから、それほど高価なルアーを使用する必要はありません。

しっかりとアピール力を発揮できるルアー

逆に、こちらのルアーは釣り場の状態がある程度把握できたら使用します。百均の使い捨てルアーを使用し、自分がポイントとする海の状態が把握できたら、しっかりとアピール力の高いルアーを使用し、実際にヒラメ釣りに移ります。

使い捨てルアーで地形が把握できていれば、あの辺は根がかりしやすいとか、浅瀬だとか・・・いろいろポイントの状態がわかるようになるので、アクションもやりやすくなります。

アピール用メタルジグのカスタマイズ

アピール用のメタルジグを用意する場合、自分のルアーアクションに自信がないのであれば、トリプルフックを外してしまっても構いません。

メタルジグが根がかりする一番の理由がトリプルフックにあります。トリプルフックが底に付いたときに、海藻や漂流物に引っかかってしまい根がかりを起こすのです。

ではトリプルフックを取ってしまったら、どうすればいいのかと言いますと、その代わりにつけるのがアシストフックです。

アシストフックは、少し大きめのサイズの針で、別売りで売っているカスタマイズ用のアイテムです。800円~1000円くらいのメタルジグを購入するとよく一緒についているモノです。

ヒラメ釣りに特化したメタルジグを考えるのであれば、トリプルフックの代わりにアシストフックを2本ぐらい付けるのが理想的です。

自分で作るのが面倒な人は、元々できているルアーを購入するのがオススメです。代表的なところでは、メジャークラフトのジグパラシリーズでショアスローモデルなんかがオススメです。

重さ的には30gあたりがベストです。20gですと軽すぎる為、アシストフック同士が絡み合う危険があるので、30gであれば、飛距離、アクション性、共に一番理想的なスペックです。

アピールが足りないのであれば、ルアーの後ろのほうにブレードをつけてみるのも面白いです。ブレードはアピール力が一段と上がりますので、ルアーの前側にアシストフックを2本、後ろにブレードなんてのもアリです。オススメはアイマのⅤブレードです。

ブレードを付けていると、ジャーク&フォールのアクションに疲れてきたときにでもタダ巻でも十分アピールできますので、1つ2つもっておいて、状況に応じて取ったり付けたりして使用するのをオススメします。

メタルジグ以外のオススメルアー

定番と言えるメタルジグ以外では、私が使用しているのは主に2つだけです。

  • シンキングミノー
  • サンティス33

基本はメタルジグでヒラメ釣りを行っていますが、魚がスレていまいち反応がないときや、海の状態に応じてこの2つのルアーを使い分けています。

シンキングミノー

シンキングミノーは意外と大物狙いに適しています。ミノー自体が大きめのルアーの為、かかるヒラメも大物の確立が高くなります。

使用する場面としては、海が少し荒れているときや、浅瀬の場で使用します。いかにもヒラメがいるとわかっているような環境や、浅瀬でメタルジグが使えない場面で重宝します。

私の場合は、河口当たりがメインです。と言っても、シーバス狙いとの兼用で使用するようなものなので、シーバスがかかるかヒラメがかかるかの二者一択のつもりで使用しています。

サンティス33

サンティス33については、このサイトでも一番でオススメしている最強ルアーです。ヒラメ釣りに特化したルアーではありませんが、飛距離、アクション性、ヒット率、どの面をとってもいうことがないルアーです。

ヒラメも例外ではなくて、私の場合は、初めてサンティス33を使用したときにソゲヒラメを2匹かけることができました。それだけ、ヒラメにも効果的なルアーなので、1つは持っておいて、スレがかりしたヒラメや疲れてメタルジグに飽きしたときなどに使用するとベストです。

サンティス33について詳しく知りたい方は、ライトショアジギングの全てを兼ね備えた第4のオススメ最強ルアーの記事を参考にしてください。

ヒラメ釣りのルアーアクション

ヒラメルアーアクション

ヒラメ釣りに適したルアーについては理解してもらえたでしょうか?ルアーを用意したら、次はしっかりとしたルアーアクションを覚える必要があります。

と言っても、私が上で紹介したオススメルアーの場合は、

  • メタルジグ=ジャーク&フォール
  • シンキングミノー=リトリーブ(タダ巻き)
  • サンティス33=リトリーブ(タダ巻き)

と定番のアクションになります。その為、改めてあ~だ、こ~だという特別なアクション方法があるわけではありませんが、ヒラメ釣りを行う上で重要なポイントはあります。

それが【間を取ること】です。

※ジャーク&フォールやリトリーブのルアーアクションが分からない方は、以前書いた、ライトショアジギングのルアーアクションの記事を参考にして下さい。

ヒラメ釣りの一番のルアーアクション【間】

ヒラメ釣りで一番重要なルアーアクションは間です。間とは読んで字のごとく、アクションの中であいだを開けることです。

ヒラメは根魚の為、青物などと違い泳ぎ回ってベイトを食べる魚ではありません。ベイトを食べる瞬間は一瞬です。近くに寄ってきたベイトに一瞬で食いつくのです。その為、ルアーアクションにもこの一瞬で食いつく瞬間を与えないといけません

例えばメタルジグでジャーク&フォールをくり返しているだけだと、ヒラメがルアーに気づいて途中まで追いかけてきても、ルアーのスピードについていけば途中であきらめたり、素通りしてしまいます。しかし、間があれば、その瞬間にヒラメは食いつくことができます。

アクション性としては5,6回に1回ぐらい間を取るといいです。キャストしてからルアーを回収するまで間がないと、ヒラメも中々食いつくチャンスがありませんので、しっかり間を取るアクションを心がけましょう!

カスタマイズメタルジグでの間

上で紹介したトリプルフックを外したメタルジグを使用する場合、比較的この間を取ることに特化してアクションを行うことができます。

どのようなアクションかと言いますと、何度かに1回、底に付きっぱなしにしてあげることです。底に付きっぱなしにして、また底からアクションを行い、1,2秒底に付けて、またアクション、などと、底に付けている時間を長くできる分、大きく間を取ることができます。

底に付けるのは根がかりの危険がある為、トリプルフックがついていると、なかなかしようと思いませんが、トリプルフックがついていないと、その分底に付いても根がかりする危険性が低くなりますので、効果的に間を取ることが可能になります。

ヒラメ釣りのルアーとアクション纏め

ボトム

ヒラメ釣りの重要ポイントは、どういった方法で底のレンジを攻めることができるかにあります。新調したばかりのルアーだと根がかりして無くすのが怖くなって、なかなか底を攻めるのが億劫になりがちです。

しかし、そんな気持ちではヒラメを釣りあげることはできません。ヒラメは底にいるのです。その底をしっかり確実に取ることがヒラメ釣りの一番の大前提です。

根がかりするのが嫌なのであれば、根がかりしないようにルアーをカスタマイズすればいいわけですし、アピール力が弱いの出れば、アピール力を何かで補ってあげればいいのです。

ヒラメ釣りは頭脳戦

ヒラメ釣りについてはこのサイトで何度も言っていますが頭脳戦です。自分の釣り場のポイント予測ができたら、今度は、そのポイントの海の中がどのようになっているか情報収集をしなければいけません。

使い捨て用のルアーを使って、ポイントの深さや、砂のカケアガリ具合、漂流物の根がかりしやすいポイントなど、それらの情報を複合的に判断して、底をとるルアーアクションを行わなければいけません。

ただやみくもに、ルアーアクションを行っていればいいわけではありませんので、一投一投のルアーアクションから得られる情報を的確に整理して底のレンジを攻めていきましょう!

その蓄積された情報こそが、常勝的にヒラメを釣れるようになる一番の方法なのですから!⤴