ライトショアジギングの匠!ヒラメ釣りの楽しさ

ヒラメ

ライトショアジギングの中でも難しい釣りと言われているのがヒラメ釣りです。ヒラメは刺身や、すしの高級魚として有名であり、市場で一匹モノを買おうとしたら結構な値段がします。

実は、ヒラメ釣りはライトショアジギングの中でも上級者に人気が高く、シーバス釣りや青物釣りとは又違ったアプローチで釣りを行うことになります。

私自身、ライトショアジギングを始めてそれほど立っていませんが、メインで狙っているのがヒラメで、可能であればずっとヒラメ釣りをしていたいと思っているくらいです。

では、何故上級者ほどヒラメ釣りに人気があるのでしょうか?そこで、

本日の極みポイント!
ライトショアジギングの匠釣り!ヒラメ釣りの魅力とその楽しさ

について私の経験と一緒に説明していきます。

スポンサーリンク

ヒラメってルアーで釣れるの?

私は最初、ルアー釣りでヒラメを釣ることができるなんて知りませんでした。ヒラメ釣りと言えばネットでググって一番オススメの釣り方として紹介されているのが、アジなどの泳がせ釣りです。

泳がせ釣りとは、生きたままのベイトに針を付け、重りと一緒に底に沈めてやり、ヒラメがかかるのを待っている釣り方です。

どちらかと言えば、待ちの釣り方なので、竿を出して置いたらあとはベイトが死なない程度に竿の出し入れを行い、ヒラメが釣れるのを待っているだけです。

私も何度かこの泳がせ釣りを行ったことがあるのですが、ま~待っている時間が暇でして、結局サビキでアジ釣りばかりやっていた記憶があります。

ルアーでのヒラメ釣りは攻めの釣り

ライトショアジギングをやるようになってから、師匠からヒラメもルアーで釣ることができると聞いた私は、ルアーでのヒラメ釣りにすごく興味を持ちました。釣れたてのヒラメを以前友人からもらって食べたことがあるので、自分でも釣ってみたかったという気持ちがあったためです。

師匠は証拠とばかりに自分が釣った座布団級のヒラメの画像を見せてくれ、ルアーでヒラメを釣る場合のやり方などについて説明してくれました。師匠からいろいろ聞いて知ったのですが、

ヒラメは爆釣にはならない?

ヒラメが爆釣状態で釣れる現象はすごく稀です。基本、ヒラメは単体で動く魚なので、群れであっちこっちを回遊して歩く青物などとは別で、ある一定の場所に住み着いて生活をしています。

その為、足で稼いで釣る魚と言われており、同じ場所で何匹も釣れた!ということはめったにありません。生きアジの泳がせ釣りなどであれば、ひたすら待っている釣りになりますが、ルアー釣りでヒラメを狙う場合は、自分でヒラメがいる場所に出向いていく形の釣り方になります。

ヒラメ釣りは、忍耐と根性の釣り

ヒラメがいるポイントにピンポイントでキャストできれば一発的中ですが、そう簡単にはいきません。ヒラメの釣り場としては、サーフが定番の場所になりますが、広いサーフのどの場所に住んでいるかは、実際に竿を出してみないとわかりません。

だからこそ、広い広いサーフを自分の足で歩き回って、ヒラメを探し出し釣りあげるのです。ヒラメ釣りはデイゲームと言われるほど忍耐と根性の釣りであり、釣れた時の満足感としては、ライトショアジギングの中でも一番なのではないかと私は思っています。

ヒラメ釣りの魅力

ヒラメ 刺身

ヒラメ釣りの一番の魅力についてあげるとすればそれは【おいしいヒラメを食べることができること】です。

釣りの話しているのに、食べる話かよ~って思うかもしれませんが、ヒラメ釣りの一番の楽しみは釣ったばかりの新鮮なヒラメを食べれることなのです。

ヒラメの釣り方と反応

ヒラメ釣りはそれほど難しいルアーアクションなどは必要でなく、どちらかと言えばメタルジグでひたすらフォール&ジャークを繰り返しているだけです。

ただ、ヒラメがいる場所を見つけるのは至難の業です。同じサーフで釣りを行うにしても今日はあっちのポイント、明日はこっちのポイントと広いサーフ内をいろんな角度からグルグル歩き回らないといけないのです。

釣れた際の反応も、青物やシーバスと比べたら、たいしたことがありません。

あれっ?何か引っかかったかな???根がかりかな?って感じです。それほど強い引きで、ドラグがジージーなるわけではありませんし、なってもジッ・・・ジー・・・ジッって感じです。

ヒラメ釣りで試されるスキル

んじゃ~釣る魚としては、何も面白くないじゃないか!と思うかもしれませんが、ヒラメを釣る上での一番の醍醐味は【頭脳戦】にあります。何時どの場所で今どこにいるのか?と自分がしっている知識を総動員してヒラメのポイントを探し出す必要があるのが魅力なのです。

ヒラメはテクニックで釣るのではなく、頭脳で釣る魚だと私は思っています。個体で動く魚の為、多くの数も期待できないので、デイゲームで2,3匹もつれたら自分の中では爆釣と同じぐらいの価値があります。

食べて分かるヒラメの魅力

自分が釣ったヒラメを食べてみるとわかりますが、釣りたてのヒラメは甘みが違いそのへんのスーパーで売っているものとはわけが違います。

釣ったその日にさばいて食べれば、弾力性の強い刺身で食べれますし、1日置いてから食べると甘みが一段と強くなり、旨さが違います。

自分で釣った釣れたてだからこそわかるヒラメの味を堪能してみてください。そうすれば、ヒラメ釣りの魅力がわかってくるはずです。

ヒラメ釣りは楽しい

ヒラメ釣りは、何時でも釣れるわけでは無く、結構ボウズで帰ってこないといけないことが多々あります。

釣れても2匹とか3匹とかなので、量的にも少ない数です。それでも、やっぱり私はヒラメ釣りが大好きです。

何故なんですかね???自分でもよく分かりませんが、ヒラメ釣りを行っているときは楽しくて仕方ありません。たぶん、青物やシーバス釣りなどのように、決まった時合があるわけでもないので、それほど込み合ったアングラーがいっぱいいる中で釣るわけでもないからかも知れません。

それなりの空きがあるスペース内でぎすぎすしてする釣りでもないし、自分のペースでゆっくり釣りができるからかもしれません。

どちらにせよ、ヒラメ釣りの魅力は、実際に釣ったことがあるものにしか分からない何か魔法のような魅力があるのかもしれません。

どちらにせよ、食べてもおいしいヒラメ釣りを一度は試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み