エギングの適した時期と時間帯を覚えて、効率よくアオリイカを釣ろう

アオリイカ釣れるイラスト

アオリイカをショア(丘)から釣ることができる代表的な釣り方エギング!

それでは、年間を通してエギングに適した時期と、1日の中で一番釣れる時間帯とはいったいいつなのでしょうか?

アオリイカは、沿岸の浅瀬に寄ってくる時期とそうでない時期があるので、必然的にエギングにも適した時期というものがあります。

又、1日の時間帯の中でも、その時期のアオリイカの性質に合わせて、釣れる時間帯といったものがあります。

そこで、ここでは、

本日の極みポイント!
丘からのエギングでアオリイカを効率よくを釣る為に知っておくべき【時期と時間帯】

について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

エギングでアオリイカが良く釣れる時期

エギングでアオリイカが良く釣れる時期は、年間を通して考えると大きく分けて2シーズンあります。それは、

  • 3月~6月の春のシーズン
  • 9月~11月の秋のシーズン

になります。又、この2つの時期でも釣れるアオリイカにも特徴があり、簡単に言えば、

  • 春のシーズンは親イカ
  • 秋のシーズンは新子イカ~中イカ

です。この各シーズン毎に釣れるアオリイカの詳細について少し説明していきます。

春のシーズンに釣れる親イカ

春のシーズンは、とにかく大きめのアオリイカがかかりやすいです。大きさで言えば、足までの長さで40㎝~50㎝ぐらいが平均的でしょうか?こういったアオリイカは親イカと呼ばれ、沿岸の浅瀬に卵を産むために寄ってきます。

その為、卵を産む前にエサを求める習性があるので、エギングで釣ることができる時期というわけです。ただ、釣れると言っても親イカだけありますので、1日で何十匹も釣れる!というわけではなく、どちらかと言えば2,3匹~数匹ぐらいがメインとなります。

釣り具合も、親イカだけあって、ロッドがしなるぐらいグイグイッとかなり引きが強いのが特徴です。その為、エギングの上級者クラスの人だと、この手ごたえを味わいたくて、このシーズンだけエギングを行う人もいるほどです。

秋のシーズンに釣れる新子イカ~中イカ

秋のシーズンは春先のアオリイカと違い、新子イカと呼ばれる子供のイカがメインの釣りとなります。春先に親イカが産み付けた卵が大体7月~8月にかけて少しづつ大きくなります。その子供がある程度エギングで釣れるサイズになる時期がこの秋のシーズンというわけです。

この秋のシーズンのアオリイカは月毎によってサイズが変わっていき、その変化を楽しんで釣ることも面白みでもあります。簡単に言えば、

  • 9月10㎝~15㎝サイズの新子イカ
  • 10月15㎝~20㎝サイズの新子~中イカ
  • 11月20㎝~30㎝サイズの中イカ

となります。月を追うごとにサイズが大きくなっていきますので、11月当たりになると、釣るのも少し難しくなってきます。9月当たりの小さな新子のアオリイカであれば、警戒心が薄い為、1日で10数匹以上の数をつるのもざらで、釣りの引きや大きさを楽しむよりも数釣りを楽しむ時期であるとも言えます。

しかし、10月以降になってくるとアオリイカ自体が大きくなるにつれて沖合に出ていくようになりますので、サイズアップと共に釣れる数も少なくなってきます。

ただ、重要な点のみ簡潔に言えば、【初心者🔰の方程、簡単にアオリイカを釣ることが出来るのが、この秋シーズンの中でも9月あたりの新子のイカ】だと言えます。

各シーズンでのアオリイカの特徴と地域差

エギングでアオリイカが良く釣れる時期は春のシーズンと秋のシーズンの2シーズンがあるわけですが、各シーズンで釣れると言っても地域差があり、一概にこの2シーズンであれば釣ることが出来るというわけでありません。

日本全国で地域差があるので、細かなところまで分類することは難しいですが、簡潔に言えば、

  • 春シーズンの親イカは特に西日本、特に中国、四国、近畿地方などが中心
  • 秋先のシーズンの新子~中イカは北海道以外の日本本土全国

と言えると思います。春先の親イカが釣れる時期というのは一番地域差があり、どの地域だから釣れるという風に分けるのは少し難しいですが、単純に言えば、日本の中でも磯場が多い、瀬戸内海に集中して事が多く、又比較的暖かい地域である、中国、四国、近畿地方あたりの地域が親イカ釣りができる有名な地域だと言えます。

それ以外の地域の方であれば、春シーズンの親イカが釣れるかどうかは、各地域の釣具屋さんや、ネットで調べてみるのをオススメします。

逆に秋シーズンであれば、日本全国つつうらうらで、アオリイカを釣ることができる唯一の時期だと言えます。新子イカであれば、自分の県沿いに磯場がある地域であれば結構な確率で、狙うことが可能です。

新子イカは生まれたての為、警戒心がすごく薄い時期でもありますので、それなりに海沿いの浅瀬で釣ることができます。自分が地域のどの辺でつれるのか近くの釣具屋やネット検索などで調べてみるのをオススメします。

エギングでアオリイカが良く釣れる時間帯

磯場

1日の中で一番アオリイカが釣りやすい時間帯としては、やはり青物などの魚などと一緒でマズメがあります。マズメは朝マズメと夕マズメの2つがあり、時間帯で言えば、

  • 朝マズメ→朝の太陽の入りの時間前後1時間
  • 夕マズメ→夕方の太陽の沈む時間の前後1時間

となります。基本、海の生き物は大体このマズメの時間帯に活動が活発になりますので、エギングの時間帯も王道で言えばこのマズメの時間帯が一番と言えます。

マズメの時間を考慮したエギングに一番適した時間帯

しかし、アオリイカは夜行性の特徴がありますので、マズメ以外の事を考慮すると、夜の方が釣れる確率が高いと言えます。これを秋先シーズンの時間帯で考えれば、

  • 朝マズメ→AM2時か3時頃~AⅯ7時前後
  • 夕マズメ→PM5時か6時頃~PM10時前後

と言えます。マズメの時間帯も考慮した結論としては、朝マズメであれば、マズメの時間帯に入る2時間前ぐらいから、夕マズメであれば、日が沈んだマズメ終了から2時間後ぐらいまでが一番理想的な時間帯だと言えます。

もちろん日中でも釣る事は可能ですが、理論的には、日中の明るい時間帯だと夜間よりはつれる確立が下がると覚えていてもらうと大丈夫です。

マズメ以外で知っておきたい時間帯での条件

マズメ以外の事も少し考慮して考えてほしいこととしては、海が静かな状態ほどアオリイカは釣りやすいく、風が少なく海がベタの状態の時が一番と言えます。

アオリイカはショア(丘)から釣ることが出来る条件としては、ある程度海が澄んでいる状態ほど釣りやすい特徴があります。海が荒れていると、沖合に出て行ってしまう可能性が高くなりますので、簡単に言えば、天気が良く海が透き通っている時間帯がショア(丘)からのエギングに適しています。

前日に波が高くなり、翌日の朝方ぐらいから落ち着いてくるのであれば、その日のベストの時間帯としては、夕マズメの時間帯が一番釣れやすい時間帯だと言えます。

単純に朝マズメ、夕マズメが一番と言っても、前日や当日の天気や海の状態も考慮して、少し落ち着いた時間帯で狙いに行くのがベストです。

エギングに適した時期と時間帯纏め

アオリイカビッグ

エギングで効率よくアオリイカを釣りたいのであれば、アオリイカの特徴考慮して釣りに出かけたほうが無難です。上で紹介した内容を簡潔に要約すると、

  1. エギングでアオリイカが釣れる時期は春先と秋先の2シーズン
  2. 春先シーズンはサイズが大きめの親イカで数は少なめ
  3. 秋先シーズンは小さなサイズの新子が多く、数は多め
  4. 釣れる時間帯はマズメを考慮し、朝マズメは2時間前、夕マズメは2時間後まで
  5. マズメ以外の条件としては、海の状態が重要、ねるべく天気が良く落ち着いた状態がベスト

となります。一重にエギングと言っても、それぞれのシーズンで釣れるアオリイカのサイズも条件も違いますので、もし、エギング初心者の方であれば、秋シーズンの新子のつり方から覚えていくのが一番ベストです。

エギングの腕前が上達してきたら、アオリイカの中でも最大級サイズを釣れる可能性がある春シーズンの親イカ釣りに挑んでみてはいかがでしょうか?

食べてもおいしい、釣っても楽しいアオリイカ!そのアオリイカを手軽に釣ることができる【エギング】!各シーズンのアオリイカの特徴をしっかり考慮して自分のエギングスタイルを確立して楽しんでみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み