エギング初心者がタックル選びをする際に知っておきたい3つの条件!

ロッド

エギングを初めてやってみようとする初心者の方が、初めてタックル選びを行うのであれば、最低限知っておきたい条件があります。

※ちなみにタックルとは装備の事で、必要なモノで言えば、ロッド、リール、PEライン、リーダー、スナップ、ルアー(エギ)あたりになります。

細かなことを言えば、必要なものは他にもいろいろありますが、まず最低限これらのタックルを準備出来ないとエギングを行うことができません。

その中でも特にロッド、リール、PEラインは一番重要な部分で、この3つを選ぶ際はとにかく安い買い物ではありませんので、しっかり吟味して購入を検討する必要があります。

そこでこの記事では、

本日の極みポイント!
エギング初心者がタックル選びの際に知っておきたいタックルの条件

について紹介していきます。

スポンサーリンク

エギングを行う為に一番重要なタックルとは?

エギングタックル

上でさらっと紹介しましたが、エギングを行う為に一番重要なタックルといえば以下の3つです。

  1. エギングロッド
  2. スピニングリール
  3. PEライン

エギング初心者の方でしたら、とりあえず、この3つを購入する際に覚えておきたい条件を頭に入れてしっかり検討してほしいものです。他のリーダーやスナップはそれなりのものでも十分だと個人的に思うので、この記事では詳しく説明しませんが、ある程度エギングに真面目に取り組みたいのあれば、最低限この3つだけはしっかりしたものを購入したいところです。

エギングで一番目に重要なタックル【ロッド】

ロッドとは竿のことを言い、エギングを行う為に必要なロッドの条件とは、【釣るアオリイカのサイズに合わせて長さと硬さをチョイスする事】が必要です。

エギングロッドの長さ

ルアー釣りを行うロッドは様々なタイプがあり、狙う魚の種類によりますが、大体5ft~12ftぐらいまでの長さがあります。

その中でもエギングに向いているロッドの長さとしては、7ft~9ftぐらいが標準だと言えます。エギングで使用するルアーの重さは2号~5号が一般的で、重さで言えば、7.5g~18.75gとなります。その重さをカバーできる長さが7ft~9ftというわけです。

と言っても7ftと9ftでも全然長さが違うので、初心者の方であれば、8ftぐらいが一番妥当だと言えます。

エギングロッドの硬さ

ロッドの硬さとしてはL~Hまであります。種類は5種類、L、LH、M、MH、Hです。Lが一番柔らかく、Hが一番硬いと言えます。単純にLとHでの硬さでの特徴を比較すると、

  • L→一番柔らかいので、アオリイカがかかった時に合わせやすい。しかし柔らかすぎる為ルアーの飛距離がでにくい
  • H→一番硬いので、ルアーの飛距離は出やすい。しかし、アオリイカが掛かった際に合わせがとりにくい。

といったイメージになります。どの硬さが良いのかと言われますと、こればかりは個人のスタイルにもよりますが、初心者の方であれば、一番の標準であるMあたりが一番理想的です。Mであれば、合わせ具合も、飛距離もちょうど中間ぐらいのスペックで対応できますので、初心者向けの硬さだと言えます。

初心者用のオススメエギングロッド

ではこれらの条件をクリアーできて、値段的にもリーズナブルな、初心者用のオススメエギングロッドとしては、メジャークラフトのファーストキャストが一番向いています。

メジャークラフトは、釣り具メーカーとしては結構有名な老舗で、特に初心者にとっては値段がリーズナブルな割に良いものを提供している力強いメーカーです。

このファーストキャストは、エギング初心者の入門ロッドとして位置づけられていて、ネットで買えば、値段も6000円前後で購入することができるので、かなりお手軽なロッドだと言えます。

長さも8ftであり、エギングロッドとしては、ちょうど標準に位置付けられるロッドだと言えます。

エギングで二番目に必要なタックル【リール】

ロッドの次に必要なタックルがリールです。リールは大きく分けると、ベイトリールとスピニングリールといった2つの種類に分けることができます。その中でもエギングに向いているリールは断然スピニングリールです。

エギングに必要なスピニングリールの条件

スピニングリールとベイトリールを簡単に区分すれば、ベイトリールは船で使うリール、スピニングリールはショアフィッシングで使うリールと区分することができます。ま~といっても丘釣りでベイトリールを使っている人もいますので、釣りをする人全員が全員というわけではありませんが、一般的にはショアフィッシングに使うリールはスピニングリールというわけです。

では、エギングで使うスピニングリールの条件は何か?と言いますと【ロッドの合うスペックのリール】と言えます。ロッドに合うスペックとはリールの重さであったり、ライン(糸)の1回転事の巻取り数であったりリール全体の特性のことになります。

メーカー別でのエギングリールの条件

もっとまとまった言い方を釣り具の大手メーカーであるダイワ、シマノで例えるとすれば、ダイワでは2000番台のリール、シマノでは3000番台のリールと言えます。

この※※※※番台というのは、リールの大きさの事を言い、数字が大きいほど、大き目な装備となります。エギングで使うタックルは、ショアフィッシングのタックルの中でもコンパクトモノを使うのがほとんどなので、上で紹介したリールの番号が適したリールとなります。

初心者用のオススメエギングリール

初心者用のオススメリールとしては、ダイワのリバティシリーズの2500番のリールがオススメです。値段も4000円前後となっており、初心者向けのリールです。

ダイワのリバティクラブは、エギング初心者向けの入門用シリーズの1つで、値段も手ごろですし、まずはエギングを始めてみようと考えている人が初めて手にするリールとしては十分なスペックを有しています。

エギングで三番目に必要なタックル【PEライン】

三番目に必要なタックルはラインです。ルアー釣りで使われるライン(糸)はPEラインといった特殊なラインで、伸縮性がなく、ロッドを操って行うルアーアクションを素直にルアーに伝達することができます。

又、非常に強固な強度を誇っており、普通のナイロンラインと比べると、同じ太さでもナイロンの2倍ぐらいの重さに耐えられるラインもあるほどです。

エギングに必要なPEラインの条件

PEラインの太さは0.2号~3号以上まであります。太さはルアーの重さや使用するタックルの条件に合わせて使用する必要があり、エギングに適しているPEラインの太さとしては、0.4号~0.8号が適しています。

又、PEラインは編み込みで出来ているラインで、一番一般的な編み込み回数は4回分(4ブレードと言います)それ以外では、8ブレード、12ブレードくらいまであります。編み込みが多くなると、その分強度が強くなりますので、同じ、4ブレードと12ブレードで0.6号のラインをチョイスしても3倍近い強度の違いができます。

しかし、その分値段もかなり高くなりますので、初心者の方であれば、普通の4ブレードの0.6号のPEラインで十分だと言えます。

※、ちなみに値段の事を大雑把に説明すると、4ブレードだと1000円~2000円、8ブレードだと3000円~5000円、12ブレードだと7000円以上ぐらいが相場です。

初心者用のオススメエギング用PEライン

エギングで使用するPEラインとしては、標準である0.6号サイズのPEラインをチョイスしたいところです。その場合、初心者用のオススメとなるのは、ラパラのラピノヴァXです。

ラパラはPEラインのメーカーとしては少し高級クラスのメーカーです。上で紹介しているラパラノヴァも2000円ぐらいしますので、少し高めの設定になっています。もちろん探せば、1000円ぐらいのPEラインもありますが、正直ラインだけは少しお金を掛けるのをオススメしたいです。

何故かと言いますと、【ラインは一番アクションを伝道し、アオリイカを釣りあげる部分】となりますので、しっかりした強度と安定性を持っていないとすぐにラインが切れてしまったりする場合があるからです。

ラインは、高いから良い!というわけではありませんが、ある程度のアクションを行えば当然摩耗しますし、又、釣ったイカを吊り上げる途中で切れてしまった!なってイレギュラーなことも避けたいものです。そういった背景を考慮すると、ラインについては、少し値段が掛かってもいいものをチョイスしてほしいです。

エギングを行う為に必要なタックル選びの条件纏め

アオリイカ

いかがでしたでしょうか?エギングを行うのであれば、やはり最低限この3つは自分で選ぶ必要があると思います。

良く釣具屋にいくとセットで5000円~10000円ぐらいの入門セットも売っていますが、正直1年も使うと壊れたり、ダメになったりするのが大概なので、最初から少し真面目にやりたいと考えているエギンガー(エギングで釣りを行う人のことを言います)であれば自分で知って、購入することを検討してほしいです。

ここで紹介したものだけでも全部で10000円以上の金額になるので、安い買い物ではないかもしれませんが、十分2、3年は使うことができるスペックなので、しっかり自分の中でよく吟味してみてください。

ここで紹介したタックル選びの条件さえ頭に叩き込んでいれば、その後、自分のエギングレベルに合わせたタックル購入の手助けにもなるはずですので、是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み