釣り場での青物の正しい締め方と鮮度の保ち方 

青物絞める

もし、釣った青物を家に持ち帰ろうとするのでしたら、キチンと締めて鮮度を保たなければいけません。

釣りの手ごたえを楽しんで、リリースするような釣り人でしたら関係ありませんが、家に持ち帰り、自分で食べたり近所に配るのであれば、しっかりと鮮度を保った状態で持ち帰りたいものです。そこでこの記事では

本日の極みポイント!
初心者でも知っておきたい青物の正しい締め方と、鮮度を保ったまま持ち帰る方法

について詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

青物の締め方とは?

魚は、釣りあげてからキチンと処理を施さないと身焼けを起こします。身焼けとは、魚の鮮度がおちて、身の質が悪くなった状態を言います。そして、【締める】とはこの身焼けが起こらないように、血抜きを行ったり、神経をつぶすことで、魚が動いて身が劣化するのを防止する作業のことを纏めていいます。

よく年末にテレビで見かけるのが、大間の本マグロ一本釣りなど、釣ったマグロのエラをくりぬいて、尻尾を落として氷を詰めたりする作業です。この作業も一種の締めです。

しかし、普通の丘釣りで釣る程度なら、そこまで極めた締め方をしなくても十分です。

魚は簡単な方法でも、締めておくのと締めておかないのとでは、全くと言っていいほど、身の生臭さと鮮度が違います。それほど【締める】という行為は非常に重要な釣りの作業の1つなのです。

初心者ができる簡単な締め方は?

では、初心者の方でもできる簡単な締め方とはどんな方法があるのでしょうか?

締める方法としては、代表的なものは2つです。

  • 血抜き
  • 神経締め

血抜きは一番ポピュラーな締め方です。逆に、神経締めはレベルが高く、神経締めができるようでしたら、かなりの強者だと言えます。ちなみに私は神経締めはしたことがありません。何故かと言いますと、丘釣りでしたら、そこまでしなくても血抜きで十分鮮度が保てるからです。

締め方としては、まずは血抜きの方法を覚え、それよりももっとしっかり鮮度を保ちたいのであれば、神経締めを覚えるといったスタイルが理想でしょう!

血抜きのやり方

まず、一番ポピュラーな締め方である血抜きの方法について説明します。血抜きは青物でなくても、他の魚全般にできる締め方なので、しっかり覚えておきたい基本の締め方となります。

ライトショアジギングで青物を釣った場合の血抜きの処理のやり方は、以下の手順です。

  1. 釣った魚のエラを開く
  2. エラをナイフでくりぬく
  3. 切り口から血がでてきたらOK
  4. 魚の尻尾部分に切り込みを入れる
  5. ストリンガーに釣った魚を引っかける
  6. 海に落としておいて血を抜く
  7. 血が抜けたら完了

といった手順です。簡単に絵にするとこんな感じです。

青物締め方手順

エラのくり抜き

まずは、エラにナイフで切り込みを入れます。切り込みというよりは、エラの部分をくりぬく感じです。ナイフを入れてやるとブッシュと血が出てきます。血が出てくるということは、血が流れ出て来る通り道ができたということです。

人によっては、エラ自体を引き抜いてしまう人もいますが、そこまでしなくても大丈夫です。しっかりとナイフでくり抜いて血が出てきたらOKです。

尻尾の切り込み

次は尻尾部分に切り込みを入れます。これも人によっては、尻尾をきり落としてしまう人もいますが、切り込みを入れるくらいで十分です。大体身の長さの半分以上の切り込みを入れてください。目安としては、尻尾が切り込み部分からプラプラになるくらい入れる感じです。

ストリンガーを通す

尻尾部分にも切り込みを入れたら。次はストリンガーと言ったワッカを青物の口部分に通します。エラ下から通して口からだして引っかけます。ストリンガーに通したら、次は海に魚を落としておきます。

ちなみにストリンガーとは下の画像のモノです。

海水で血抜き

海に落としておくことで海の中で血が抜け、血の代わりに海水が入ってきて血生臭を抜きます。エラにナイフを入れて、尻尾部分に切り込みを入れても、魚は生きて息をしています。この息をしている状態で血が抜け、海水が魚の体の中に入っていきます。

これによって、血抜きが完成し、身の鮮度を保つことができるようになります。

血抜き作業の注意点

血抜きを行う上での注意点もあります。ポイントとしては、しっかりと切り込みを入れることと海水につけておくことです。

切り込み位置

切り込みを入れる位置はエラ部分と尻尾部分になります。

エラの部分は片手でエラをしっかり開いてから、反対の手でナイフを持って切り込みを入れてください。魚は生ものですので、触ることに対し抵抗がある人もいるかもしれませんが、しっかりと開いて切り込みを入れないと、血を抜く通り道を作ることができません。

尻尾部分に入れる切り込みは神経を遮断する行為です。神経はちょうど尻尾部分の真ん中あたりを通っているので、半分以上切り込みを入れることで神経を遮断することができます。

海水での血抜き

ストリンガーを通したら、海水につけておいて血抜きを行うわけですが、海水につけておく際の注意点もあります。

海水につける際は【出来るだけ海の中に入れておくこと】です。ほかのサイトではバケツに入れておいて血抜きを行う説明をしているサイトもありますが、これはちょっと不十分だと私は思います。血を抜いているのに、同じ血が入った海水につけていて、しっかりとした血抜きになっているの?といった疑問があるからです。

何故、海の中に入れておく方が良いのかと言いますと、海の中だと新しい海水が循環して魚に入ってくる為、血の抜けもよくなり、しっかり海水が魚の体の中に入ってくるからです。

海に入れておくときも注意が必要です。波が高いときや流れが強いときは、波に落としておいた魚が、堤防やテトラ帯に打ち付けられて身がボロボロになってしまう時があります(笑)

そこで、外海で釣りを行った場合は、湾内に血抜きを行った魚をいれておくといいでしょう!湾内に入れたら、その辺のものにストリンガーを巻きつけておいて流されないようにしましょう。サーフであればストリンガーを自分に巻き付けておくのもアリです。

青物の鮮度の保ち方

青物鮮度の保ち方

海から家まで5分か10分くらいで着く方でしたら、鮮度をあまり気にする必要もないかもしれませんが、1時間も2時間もかかる人でしたら、しっかりと鮮度を保つ必要があります。

せっかく血抜きを行っても、しっかりした鮮度管理をしてクーラーボックスに入れておかないと、家に着くころには生臭くなっているときがあります。特に暑い時期などであればなおさらです。

正しいクーラーボックスへの入れ方

血抜きを行った青物をクーラーボックスに入れる際に、ただ氷と一緒に入れている人はいませんか?これは半分正解で半分不正解です。

氷と一緒に入れておくだけだと、氷が魚の身に直接あたるので、当たっている部分と当たっていない部分での温度差ができ、身がぐちゃぐちゃになってしまいます。

そこで重要なのが【海水と氷を一緒に入れておくこと】です。海水を一緒に入れておくことで、氷で冷たい水になるので、しっかりと魚の身全体が冷やされます。又、海水を使うことで身の締まりもしっかりとしたものになります。

間違ってほしくないのは、真水ではなく海水と一緒に入れておくのがポイントです。考えてみてください。海水の中で生きている魚は海水の魚です。その魚に真水を入れるのは変ではないですか?

生きていた環境と同じ海水を使うことで、しっかりとした鮮度を保つことができるのです。

目安としては、釣った魚が浸るぐらいまで海水を入れ、その後に氷を入れておくとベストです。氷もできれば、ブロックアイスではなく、バラの氷のほうがいいです。

青物の締め方と鮮度の保ち方纏め

せっかく釣りあげた青物なのですから、しっかりとおいしい状態で家に持ち帰り、刺身にしたり、焼いたりして食べたいものです。

ここまで紹介した締め方と鮮度の保ち方は、最低でもしっていて欲しいレベルの事です。締め方も鮮度の保ち方をもっと追求すれば、締め方は神経締め、鮮度の保ち方は海水60%真水40%の合わせ水にバラ氷につけておくほうがいいなど、高い水準での方法はいくらでもあります。

私はそこまで追求して鮮度を保とうとはしていませんので、やったことがありませんが、やはり、血抜きと海水につけて持って帰ってくることぐらいはしています。

せっかく釣った青物なのだから

海から釣ったばかりの魚は一番鮮度が良い状態です。この状態をしっかり保って帰ってこその釣りです。

自分で頑張ってせっかく釣った魚なのですから、家族や友人においしい状態で提供したいものです。

釣りたてですよ~と血抜きも、しっかりした鮮度管理もしないで家に持ち帰ってきて、いざ刺身にして食べたら、生臭くてとても食べれる気分じゃなくなった~なんてことはないようにしたいですね!

最低でもこの記事で紹介した血抜きと海水での鮮度管理を行えば、十分おいしい状態で食べることができますので、知識として頭に入れて釣りを楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

シマノの全てが詰まったライトショアジギングリールの極み